埼玉県立三郷高等学校
 

サッカー部情報

サッカー部
12345
2019/01/15new

全国高校サッカー決勝の観戦に行ってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 三郷高校教員
日頃より、ご声援ありがとうございます。

1月13日(日)に、本校グランドにて練習試合を行いました。
対戦相手になっていただいたのは、春日部高校サッカー部の皆さんでした。

新人戦の前に行える最後の調整です。
30分×3の形式でゲームを行い、選手個人・チーム全体のコンディションの確認をしました。
ここ最近の目標は、「自分たちで考えて走る」サッカーです。
元日本代表・遠藤保仁の恩師は、「考えながらサッカーをやると、体だけでなく頭も疲れる」と遠藤選手に語ったそうです。
三郷高校サッカー部の選手たちも、そのような選手を目指します。

試合は、1ー7で負けてしました。
ディフェンスラインと、キーパーの連携に課題があります。
残り1週間で修正していきたいです。


さて、試合報告から話は移ります。
昨日の1月14日(月)は、成人の日でもありましたが、全国高校サッカー選手権大会の決勝戦の日でもありました。

埼玉スタジアムで行われた試合に、我が部は観戦に行きました。
「青森山田 VS 流通経済大柏」の決勝戦に、スタジアムは満席状態でした。

どちらのチームも観客を沸かせるプレイをしていて、特に「絶対にゴールに入れさせてたまるか」と、魂の伝わってくるシュートブロックなど、守備面で参考になりました。

試合は、青森山田が3-1で勝利し、2度目の優勝を果たしました。


顧問 石川・會田・中井

↓試合前、ほぼ満席状態の埼玉スタジアム



10:00 | 報告事項
2019/01/08

冬休みの活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 三郷高校教員

日頃より、ご声援ありがとうございます。

今回は2019年初めの活動報告となります。

本年も三郷高校サッカー部をよりしくお願いいたします。

 

さて、約2週間の冬休み期間に我が部は、通常練習を行うだけでなく、多くの試合に臨み、様々なイベントを体験しました。

 

 1222日(土) 東部フェスティバル① 岩槻北陵高校にて

 1223日(日) 東部フェスティバル② 大宮東高校にて

 1226日(水)~27日(木) 運動部合同合宿 本校にて

 1228日(金) ウィンターカップ① 久喜工業高校にて

 1229日(土) ウィンターカップ② 久喜工業高校にて

 1230日(日) ウィンターカップ③ 松伏高校にて

     13日(木) 初蹴り 本校にて

        16日(日) 東部フェスティバル③ 八潮高校にて

        17日(月) 東部フェスティバル④ 越谷西高校にて

 

 

このように、冬休みは2つの大会(東フェスとW-cup)と2つのイベント(合宿と初蹴り)があり、部員たちはたいへん充実した日々を過ごしました。

今後、それぞれの試合や行事の報告記事を公開してまいります。


顧問 石川・會田・中井

 

 

↓クリスマスの時期に行われた合宿。食事のひととき。

 

 

2019年初蹴り、集合写真


13:00 | 報告事項
2018/11/24

中学生・三郷工業技術高校との合同練習

Tweet ThisSend to Facebook | by 三郷高校教員
本日は、三郷工業技術高校を会場として合同練習を行いました。

参加したのは、我が校サッカー部と三郷工業技術高校サッカー部のほか、中学生も練習に加わりました。
この時期、部活動を引退した中学3年生を対象として「トライアル」といった取り組みが行われます。
近隣の高校サッカー部の練習に参加してもらい、引退後もボールに触れる機会を作るのが「トライアル」の役目です。

今回の練習メニューは守備が中心でした。
内容は、1対1という状況における守備の仕方。
ボールを持っている相手との距離感や体の向き、腰の位置などを確かめました。

近年、サッカー界では「デュエル」という言葉がしきりに飛び交うようになりました。
「デュエル」とは、1対1のボールの奪い合いにおけるフィジカルコンタクトの強さを指します。
日本サッカー界では、ハリルホジッチ監督が重要視し、その後注目を集めた概念です。

今は中学生のサッカー少年たちも、高校生になれば体が大きくなり、フィジカルの強さも求められるようになります。
一日、高校生の練習に参加することで、高校で求められる「フィジカル」「デュエル」を実感してもらえたことでしょう。

最後には、4チームに分かれ総当たりでゲームを行いました。
そして、ゲームの結果をふまえ順位に応じて、走り込みを行い練習を終えました。
他校のサッカー部員や中学生と共に練習するのは貴重な体験です。
参加者全員が、楽しんで練習に臨めていました。


顧問 石川・會田・中井

↓練習風景① この日は、中学生・高校生を合わせて30人ほどが参加しました。


↓練習風景② 1対1の守備の練習。相手との距離感や体勢などを確認しました。


↓練習風景③ 最後はミニゲーム。その日取り組んだ守備の練習を生かせていました。


※写真撮影:マネージャー・栗本さん、村松さん
16:00 | 今日の出来事
2018/11/23

東部支部大会 第3試合 VS.草加 0ー4負け

Tweet ThisSend to Facebook | by 三郷高校教員
日頃よりご声援ありがとうございます。

本日は、三郷高校を会場として東部支部大会が行われました。
三郷高校の試合は10:00にキックオフ。対戦相手は草加高校サッカー部です。

ここ最近の課題・目標は、守備でありパスコースを切りながらプレッシャーをかけ、インターセプトをするのが理想の形です。
本日の草加戦では、理想の守備が何度かできました。
日頃の練習が、実践で発揮され実を結びました。

また、サイドバックのオーバーラップによる攻撃参加も上手くいき、決定的なチャンスを作ることもできました。
ボランチのプレスバック(自陣に戻りながらの守備)も冴え渡り、全体的に理想に近い守備だったと思います。
試合終了まで、ポジティブな声も絶えず、チームとして良い雰囲気を保っていました。

しかし、結果が伴いません。
決定機を作れてもゴールを生み出せず、0ー4で負けてしました。
試合内容が良かったのは事実ですが、またしても勝てなかったのも事実です。
東部支部大会(予選)を一度も勝てずに終えることになりました。
猛省あるのみです。

「勝ち」という見出しでホームページに更新できるように、練習に打ち込みたいです。

顧問 石川・會田・中井

↓ハーフタイム、選手それぞれが前半の反省を言い合います。


↓ハイプレスをかけようとする宇津木キャプテン


※写真撮影:マネージャー・栗本さん、村松さん
17:30 | 試合結果
2018/11/18

選手権・埼玉県大会決勝戦の観戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 三郷高校教員
本日は、部員たちで埼玉スタジアムへ行きました。
全国高校サッカー選手権・埼玉県大会の決勝を観戦するためです。

今年は、浦和南高校と昌平高校の戦いです。
「公立 VS. 私立」ということもあり、注目の集まる試合と言えます。

スタジアムには多くの観客が来ていました。
小さな子もいれば、現役の高校生サッカー部員もいました。
選手権の決勝戦に、サッカー少年たちの関心が集まっていることを実感しました。

試合は、浦和南高校の逆転勝利に終わりました。
浦和南高校サッカー部は17年ぶりに、全国の切符をものにしました。
公立高校の意地を目の当たりにすることで、我が部の選手たちも胸に響くものがあったようです。
帰り際「先生、俺たちも選手権出てたんだよね」「どうやったら強くなれるんだろう」「はやくボール蹴りたい!」と、数名の部員が声をかけてきました。

インターネットで「三郷高校_サッカー_選手権」と検索すると、今もなお、夏に行われた選手権のブロック決勝の結果が出てきます。
「三郷 VS. 深谷 0ー6」という結果。
今日埼玉スタジアムで、Jリーグの試合ように行われた選手権の決勝戦は、遠い世界のことではありません。
どの高校のサッカー部にも、全国への道は開かれています。

来年の選手権で、自分たちのサッカーができるよう、日々の練習に打ち込んでいきます。


顧問 石川・會田・中井

↓選手入場の一場面。まるでプロサッカーのような華やかさ。


↓この日の埼玉スタジアムには、サッカー少年の姿を多く見ることができました。

19:00 | 今日の出来事
12345

活動状況

 
活動日・・・週6回(土日は公式戦や練習試合)

・活動内容・・・基礎・技術練習、フィジカルトレーニング、年数回合宿にも行きます

現在は、部員20名弱で活動しています。「泥臭く・ひたむきに」をモットーに、県大会出場を目指し、日々トレーニングに励んでいます。また、誰からも応援されるチームになるよう、挨拶や規律はもちろん、多方面でも貢献することを目標にしています。1人1人が、チームの一員であることを自覚し、目標達成のために全力で取り組むことで成長を目指します。
 

顧問紹介

石川 峻己
日本サッカー協会C級ライセンス 所有
サッカー審判ライセンス 3級 所有
経歴
大宮アルディージャJY(全国大会ベスト16)→早稲田実業高校サッカー部(都大会準優勝)→早稲田大学ア式蹴球部(全国大会2回出場)

 

カウンタ

2012年6月~46851